オイルがヘアケアに欠かせない

スキンケアの邪魔にならないオイルを使うことが大切

きれいな髪の毛にはきれいな肌が似合うので、スキンケアの邪魔にならないオイルを使うことが大切です。
またつけすぎなければベタベタすることはありません。
ベタつくのはたくさん付けているか、髪の毛の生え際にも塗っているかです。
キューティクルが開いてダメージを受けやすくなっている毛先だけ塗れば問題ありません。
お風呂上がりで濡れた髪の毛はキューティクルが開いているため、オイルがよく浸透します。
浴室の湯気は多少は乾燥から守られている時に、念入りにタオルで水気を拭き取ります。
できるだけ水気がない方がドライヤー後の仕上がりが良い気がします。
タオルドライでは最初にタオルを頭に乗せて、根元の水分を拭き取ります。
毛先から拭き取ってしまうと、根元の水分が降りてきて二度手間になってしまいます。
根元のタオルドライが済んだら毛先に移って、擦らないように優しくポンポンと拭き取ります。
冬場はだんだんと寒くなりますが、これを怠るとヘアオイルの効果は半減しドライヤーの時間もかかって面倒です。

一番効果があったヘアケア | スキンケアの邪魔にならないオイルを使うことが大切 | 気になる香りを選ぶのが楽しい