オイルがヘアケアに欠かせない

一番効果があったヘアケア

一番効果があったヘアケア | スキンケアの邪魔にならないオイルを使うことが大切 | 気になる香りを選ぶのが楽しい

自分の髪質に悩んでおりシャンプーを変えるなどしましたが、一番効果があったヘアケアはお風呂上がりにヘアオイルを塗ることです。
髪の毛は常に乾燥によるダメージを受け、特にお風呂上がりは注意しなければなりません。
せっかく高いシャンプーやトリートメントを使っても、脱衣所の乾燥した空気に触れればパサつきや広がりの原因になります。
その後のドライヤーも熱ダメージのリスクが高いです。
しかし熱ダメージを避けるために自然乾燥にしてしまうと、さらにパサつきやすくなります。
ドライヤーはダメージを与えないように、丁寧に行うことが大切です。
しかし私は美容師ではなく器用でもないため、上手なドライヤーのかけ方をマスターできません。
ヘアオイルを使ってダメージが加わりにくい状態にすることが、髪の毛をツヤツヤにする一番の近道です。
しっとりと艶のある髪の毛が好きなので、ミルクではなくオイルを使っています。
今お気に入りのものは植物性オイルを数種類配合したもので、紫外線対策にもなります。
以前アルガンオイルを使用していましたが、これは髪の毛というより肌質に合っていませんでした。
よく美容ネタで目にするアルガンオイルですが、人によってはニキビや吹き出物を作りやすくします。